筑波大学 安藤 聡さん合格体験記

池袋理数セミナーの合格体験記をご紹介します。

年3回の合宿で仲間と共に成長。先生が最大の良き理解者でいてくれたことが、うれしかった。

安藤 聡さん

筑波大学 医学群 医学類 合格

入塾前に抱えていた課題

学校の定期テスト1週間前で詰め込んで受けて、その後すぐ抜けてしまう短期記憶の勉強だった。
特に英語が苦手で学校の平均点も取れていなかった。
生活面では特に勉強も熱心にやっていなかったので、毎日を何となく過ごしていた。
進路面では親が医者だったこともあり、自分も将来は医師になるんだろうと漠然的なイメージしかなかった。

池袋理数セミナーに入塾した経緯

姉が理数セミナーに通っていたことがきっかけです。

私にとっての合格の原動力

受験生になると苦手科目や課題などで自分の思うことやそれをどう実行に移そうかと考え始めていく際、 先生との相談がすごくできて自分の勉強して行く方向性や、何を解消しなくてはならないかが、明確になって勉強しやすかった。 また、ほとんどが医学部志望であるため、みんなと目指す目標が同じでやりやすかった。 先生達は自分にとって勉強を教えてくれる存在だけではなく、自分の理解者でいてくれた。

これから受験する人たち・後輩へ

他の塾は集団授業を受けて、受験直前まで自分1人で復習をするということが多いかもしれないが、 理数セミナーは先生とさらに同級生ともお互いに高め合いながら、様々な話ができて、受験勉強における孤独感が全くなかった。 あともう1つあげるとすると、理数セミナーの大きな特徴として合宿があること。 合宿は1年間に3回あるけれども、勉強に自分からのめり込んでいける環境というのは自分を成長させてくれたと思う。 さらに合宿では班分けがされていて、自分は班長をしていたりしたが、自分達の班の仲間達と1日の反省や生活面においてもみんなで声を掛け合って自律して行けたと思う。

お世話になった先生へのメッセージ

自分自身の大学受験というものはこれで終わってしまったが、医者という職業に将来就くにあたってはまだ始まったばかりです。 これでもう理数セミナーは卒業してしまうが、授業を通して教えて頂いた医師に必要な考え方や心構えというものを胸に、心待ちにしていたこれからの大学生活というものを今後送っていきたいと思います。 また受験というものは自分1人で完結できるものではないので、今まで支えてくれた、家族や学校の先生にも感謝しています。

記憶に残るエピソード

僕自身は中学2年生の頃で理数セミナーに入塾しました。 最初は、海城高校に通っていたので、自分自信に危機感はそこまでなくて、大学受験ではそこそこの大学には入れるだろうと思っていました。 そんな中で、先生達から今の自分では医学部どこにも受からないということを言われました。 その時はすごく半信半疑な気持ちもありましたが、それ以来もう少し自分から勉強に対してひたむきに向かいあって行かなくてはいけないというのを気付かせてもらいました。 それが、僕が受験に合格できた最初のきっかけだと思います。

お問い合わせ

tel03-5952-1471

受付時間 10:00-21:00

体験授業・資料請求

お問い合わせフォームへ

お電話でお問い合わせ

受付時間10:00-21:00

体験授業・資料請求