Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

知識と論理の深掘りで、国語力向上を

【主任紹介】
国語科主任(小論文・面接担当) 高峰貴雄
コミュニケーションの最初のステップ 「伝わる喜び」を大切にしたい
医学部の小論文・面接では、自分の意見を述べるということが重要視されます。
与えられた課題を正確に読み・聴き、それを正しく理解して、相手に自分の意見を伝えなければなりません。
月並みではありますが、総合的なコミュニケーション能力が要求されるのです。

しかし、コミュニケーション能力というのは、生まれつき備わっているものではありません。
理数セミナーでは、「対話型学習」を用いて、一人一人じっくりとこの力を鍛えていきます。

まずは、生徒が質問の内容を「理解する」。
そして、その質問に対する自分の考えを正しく「伝える」。
生徒には、それができた時の喜びを感じてもらいたい。
この「喜び」こそがコミュニケーション能力向上の必須の要素であり、小論文・面接対策のスタートラインなのです。

国語力の向上こそ合格への鍵
全科目共通で言えることですが、国語力の向上こそ合格への鍵です。

例えば英語についてですが、英文読解の和訳や内容説明問題で「これは日本語として間違っている」と注意されている生徒をよく見かけます。
また、英語は単語を覚えるだけでは伸びません。
特に論説文では、筆者の主張を理解し、文章の繋がりを正しく把握する論理的思考が必要です。
この論理性は国語力の向上によって磨かれます。
これは理系科目であっても同様です。数学でも論理性は大いに問われますし、理科の実験考察などの問題では文章を読む力が重要です。
他教科の基礎力向上のためにも、中学や高校低学年のうちに国語を履修することをお勧めします。

「答え」を覚えるのは無意味 周辺知識を含めた幅広い理解が大切
人も動物も骨格は当然大切ですが、骨だけで体を動かすのは無理。筋肉が無いと成り立ちません。
国語においても同様です。
国語の問題で取り扱われる文章は、昨今の情報化社会や人間の倫理についてなど、社会や歴史の知識が問われる傾向にあります。
単純に国語力だけではなく、幅広い社会についての知識を肉付けしていく必要があるのです。
生徒の多くはすぐに解答を求めてしまいがちですが、ただ「答え合わせ」をするのでは伸びていきません。
問題に関わる周辺知識も含めて解説をし、どう興味を持たせていくかということを重要視しています。
また解説の時には、生徒の分かる例だけを教えていては意味がないと考えています。
生徒の知らないこと、聞いた事のないことを伝える。
これによって、生徒各々の持つまだ小さな枠組みを壊し、広い世界に目を向けさせてあげたいと考えています。

《センター国語》脱フィーリング解答、解答に明確な「根拠」を
センター試験の国語に関しては、よく「慣れ」が必要と言われますが、しっかりとした国語力の土台が無ければ、慣ればかり追い求めていても、得点には結びつきません。
特に、現代文での高得点を得るためには、国語力の土台の一つである読解力の向上が必須です。
思い込みや読み間違いをしないこと、主観やフィーリングではなく、正確な読解をしなければ、現代文の点数は取れません。
そこで生徒には、まず時間をかけてでもしっかりと本文を読ませ、本文の中に解答の「根拠」を探すトレーニングを徹底します。
1題20分の問題を1時間かけさせることもあります。そして正しい「根拠」を見つけられるようになってから、少しずつ時間を縮めていき、制限時間内に解ける速さと正確さを磨いていきます。

センターの古文・漢文については、英語と比較して単語や文法の暗記量は1/10~1/20程度。単語や文法を徹底させ、高得点を狙っていきます。
センター国語は1問の配点が高いのも特徴の一つ。
漢文には1問10点というものもあります。
その為、生徒には正確性を強く意識させるよう指導を行っています。

手薄になりやすい二次対策こそ、ライバルに差をつけるチャンス
小論文形式の試験は、受験生の論理的思考力や人間性を見る試験として多くの医学部で出題されています。
しかし、受験生が一人で対策をするのは難しく、十分な対策ができないまま受験当日を迎えてしまうことが多いのが現状です。
また現在、ほとんどの医療系大学では、命を預かる立場の専門職としての「資質」「社会性」「人間性」を評価する仕組みとして面接試験を積極的に取り入れており、難関校ほどその傾向は強いのです。
多くの場合、選考にあたっては「参考程度」と公表していますが、決して軽視できないのが現状です。
一次試験の学科で点数が取れたとしても、これら二次試験の小論文・面接で失敗し、合格を勝ち取れない生徒は少なくありません。
理数セミナーでは、模擬面接講座を定期的に行い、二次試験の対策に力を入れています。

《小論文》継続的指導による弱点の克服と、横断的知識の獲得
小論文指導のポイントは下記の3つです。
①読解力の向上
②論理力の向上
③常識の定着

医学部入試における小論文の多くは、まず課題となる文章を読み、それについて自身の意見を書く形式です。
読解に誤りがある場合、大きな減点に繋がるのです。その為、最初は論文を書かせるのではなく、評論文の要約からスタートします。
これにより生徒の読解力を向上させていきます。

更に次のステップでは、徹底して生徒の主張に対する反対意見を投げかけます。
これによって、意見に客観性を持たせ、論理力の向上に繋げていきます。

また、論文模試を活用するのみでは、添削が一回ごとに区切られ断片的な指導になってしまいがち。
理数セミナーでは、生徒の成長過程を把握した継続的指導に力を入れています。
一回一回の論文解説で終わらせず、前回の授業と繋がりを持たせる指導で、知識の枠組みを広げていきます。
また生徒の世界観すなわち医療人としての「資質」「社会性」「人間性」を伸ばしていくのです。

《面接》志望校別ケーススタディで、二次対策に万全を期す
面接指導のポイントは下記の3つです。
①質問の理解
②主張の整理
③実践力の向上

①②に関しては、面接の対策のみならず、小論文や英語の長文読解等、他教科にも必要な能力の向上に繋げていく指導を展開しています。

面接対策は志望大学に合わせ、個別から集団面接・グループディスカッションまで幅広く対策しています。
医学部受験専門のノウハウを生かし、各大学の出題傾向に沿ったケーススタディを繰り返し、生徒が最も良い状態になるまで妥協なく指導していきます。

list page page top