Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

2015春期合宿【同窓会】

5月5日(火)卒業生の会は第21回「同窓会」を行いました。今回も多くの卒業生が参加してくださいました!
【今回の同窓会テーマは「motive」】
「motive」の意味は「動機・理由・目的」などです。
よく使われる「motivation(モチベーション)」という単語、
実はmotive+actionで成り立っているのです。
モチベーションとは「目標を目指した行動・推進力」という意味を持っています。
新しいことが始まる季節である春に、この1年をどのように過ごしたいか、
同窓会を通してご自身の「motive」を再確認していただきたいと思い、
このテーマを選びました。
春期同窓会では毎年、多くの新入生が参加してくださいます。
今年も、数か月前まで池袋理数セミナーの生徒として受験に挑んでいた新入生が多く参加してくださいました!
始まったばかりの大学生活や部活動の様子などを楽しそうに話す姿は、会場に新鮮なエネルギーを運んでいました!
また、会場には2003年度卒業生をはじめ幅広い年代の卒業生にお集まりいただきました。

今回の同窓会では2つの企画を行いました。
・新入生による他己紹介
・成長報告

【新入生による他己紹介】
同窓会の最初の企画は、恒例!新入生による他己紹介です。
新入生に2人一組になっていただき、互いに相手の紹介を行っていただきました。

理数セミナーで過ごしていたときには気が付かなかった、意外な一面を知ることが出来たようです。
大学の部活についてや特技の披露など、ペアの新入生の魅力を存分に伝えてくださいました。

ご協力くださった新入生の皆さま、ありがとうございました。

【成長報告】
第16回同窓会から始まった、こちらも恒例企画「成長報告」。
理数セミナーを卒業されてから、どのような事を経験され、どのような躍進をされて来たのか。
成長という言葉に縛られず、ご自身の経験を語っていただこう、という企画です。
4回目を迎える今回は、埼玉医科大学5年生の角田里美さん、東京医科大学1年生の関本龍太郎さんにご報告いただき、このレポートを担当しました平井も報告の場をいただきました。
その中から、角田里美さんの成長報告を紹介したいと思います。

■角田里美さんのプロフィール
2011年:池袋理数セミナー卒業
2015年(現在):埼玉医科大学5年生

現在、医学部の5年生である角田さんは病院実習が始まり、順番に様々な科を回って勉強なさっています。
大学病院は予想をはるかに超えて忙しく、角田さんが理想としていた「患者さんと時間をかけて向き合う医療」は難しいのが現状であると感じたそうです。
またその激務を乗り越えられるよう大学4年間の部活で培った体力を衰えさせないように、これからも定期的に運動をして体力を維持していきたいと話されていました。
体力はすべての仕事において大切なものです。是非運動して体力をつけてください!と来場者の皆様にメッセージを送られていました。

■角田里美さんの感想
『この度は、成長報告という貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
しかも2度目ということで、自分でも小さなものではありますが1度目と比べて成長を感じることができました。
成長報告が終わってから、池袋理数セミナーの卒業同期で同じく医学部5年生の大野さんに「限られた時間の中でも患者さんの気持ちに寄り添ったコミュニケーションをとりたい、という気持ちを胸にともに頑張っていきたいですね!」と感想をいただき、「確かにその通りだ!」と納得しました。
短時間でも思いが伝わるように患者さんとの時間を濃厚なものにしていきたいと思います。
先生方におかれましては、お身体を大切にしながらも、生徒たちに熱い指導を引き続き宜しくお願い致します。』

5年生の角田さんが実習で感じる等身大の思いを聴くことができ、特に大学1年生の参加者は様々なことを考えるきっかけになったのではないかと思います。
成長報告にご協力くださったお二人、本当にありがとうございました!

【同窓会で生まれる繋がり】
ご歓談の時間には、同じ大学の先輩・後輩で集まって話をしたり、同じ先生に教わっていた卒業生同士で集まって談笑したりしている姿も見受けられました。
卒業生同士の縦・横のつながりを築くきっかけになったようで、大変嬉しく思います。
旧友や講師の方々との再会を、楽しんでいただけたのではないでしょうか!

ご参加くださった卒業生の皆さんにとって、テーマの「motive」を確認するきっかけとなりましたでしょうか?
それぞれの道に進み、一人一人異なった経験を持つ卒業生の皆様・先生方との交流が、
皆様の新年度・大学生生活のはじまりを後押し出来れば幸いです。
お忙しい中参加して下さった卒業生の皆様、ありがとうございました。
事務局一同、心より御礼申し上げます。

今回参加して下さった方、
残念ながら今回は参加する事が叶わなかった方、
ぜひ、次回の第22回同窓会へ足をお運びください。
皆様のご来場、お待ちしております!


【同窓会レポート:平井 遥】
list page page top