Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

先生たちとの強い絆で合格へ

日本大学(医)進学  松本卓大くんの合格体験記
池袋理数セミナーに入塾する前は、
ただ単純に答えが合えば良いという勉強を続けていました。
その為、正答率にばらつきが出ていました。
理数セミナーへの入塾の決め手は、
先生と生徒の距離が近く、勉強の相談のしやすい環境であったことです。

先生方には豊富な医学部受験の知識があり、医学部受験特有の知識も習得できると思いました。
また、理数セミナーは毎日朝から晩まで授業をしていて、
他の予備校生と圧倒的な勉強量で差を付けられると感じました。

悔いが残らないように勉強したかった私にとって、最高の塾でした。
きめ細やかな授業、そして先生との強い絆で合格へ
私は終盤で数学の力がかなり伸びたように感じます。
横井先生の講義での問題解法の解説と過去問演習のおかげで合格できました。
また、分からない所はすぐに質問できて、
やりっぱなしの問題や苦手な問題がなくなりました。
そして、
理数セミナーは少人数制なので、いつも見守られているという安心感があります。
理解度や達成度に合わせてきめ細かく課題を出してくれるので、
「今やっている勉強でいいのだろうか」という不安もありません。

また、先生が個性的で、楽しく勉強ができました。
講義でも気兼ねなく質問ができ、丁寧にかつ分かるまで教えてもらえるので、
着実に学力を伸ばすことができたと思います。

入塾前の私は、
応用問題ばかり解いており、本当の意味での得点力がついていませんでした。
しかし、
理数セミナーでは基礎を徹底的に学んだので、合格する学力を身に着けることができました。

毎日塾に行くことで、
毎日先生のもとで勉強するので、強い絆のようなものができました。
先生は親以上の存在かも知れません。
合格して、先生と喜びを分かち合った時は、非常に嬉しかったです。
受験生へのメッセージ
①頭の良い人の勉強法と考え方を盗もう!
②人間的に成長すべき!
 授業以外の時間をくつろぎの時間にせず、単語を覚えるなど有効活用する。
③間違えた問題は原因追究し、知識の埋め合わせを徹底的にしよう!

私は色々なことで悩んだので、
同じ悩みを持つ人の役に立てればと思い、以下のことを書きます。

私は言語化がなかなかできず、悩んだことがありました。
周りが言語化できていると余計に焦り、授業中逃げ出したこともあります。
この解決法は、学習内容を言語化する作業を日々継続するしかありません。
言語化するのが上手な人(先生に質問するのが上手な人)は、
昔から言語化する練習を無意識にしているのです。
そのため、自分は言語化の練習をしていないと開き直って、コツコツ練習して下さい。
本当に理解した状態でなければ学習を続けていても、実力は上がりません。
今振り返ると、もっと問題の理解度を高め、頭の中で言語化し、
人に教えられるレベルになるまでの力をつける必要があると感じています。

精神的に不安定になってしまうこともあると思います。
その時には、先生に相談してみると良いと思います。
物事をあまりネガティブに考えすぎないようにしてください。
先生に相談すると、親身に打開策を考えてくれるので、
思い切って相談すると心が晴れます!

私は英語が本当に苦手でした。
英語の講義では順番に単語チェックをするのですが、
私の番で必ずつかえていましたし、1月に入っても単語と文法をやっていました。
でも過去の自分と比べると、各段に頭が良くなっていると信じて、最後まで何とか頑張れました。
私は、みんなが悔いの残るような1年を過ごしてほしくないので、
理数セミナーで過ごした1年は「本気で勉強したよ!」と言えるくらい勉強して下さい。
お世話になった先生へのメッセージ
入塾当時から考えると、学力的にも人間的にも成長させていただきました。
スランプ状態を抜け出せたのは、
私を支えてくれた先生方のおかげだと思っています。
先生方には本当に感謝しています!
1年間ありがとうございました。
list page page top