Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

合格に向けて一緒に歩んでくれた先生方

岩手医科大学(医)進学 登坂憲吾くんの合格体験記
勉強法を試行錯誤していた、入塾前
池袋理数セミナーに入る前は、家庭教師の先生と学校の定期テスト対策をしていました。
私は時間の使い方に課題が多く、試行錯誤していました。

きっかけは中学3年生の時、学校の先生の紹介で理数セミナーを知ったことです
決め手は1時限の時間が長いことや、自ら課題を発見し、
対策を立てていく理数セミナーの方針を気に入ったことです。
最初はもちろん不安もあり、上手に1時限を活用できませんでしたが、
大学入学後のことも考え、積極的にこのスタイルへ自分を慣らすことが大切だと思いました。
私の合格の原動力
合格の原動力は大きく3つあります。
1つ目は、
中3から4年間の集大成ということもあり、誰よりも時間を勉強に使っていたことです。
その勉強量が自分の自信になっていました。
2つ目は、
先生と生徒の距離が近く、精神面の支えになったことです。
苦しい受験をみんなで乗り切ったという感じでした。
3つ目は、
Gmap-cのおかげで常に分析・対策・短期の計画の3つを頭の中で考えていたこと。
これが効果的で、かつ効率の良い勉強につながりました。
合格へ向けて一緒に歩いてくれた先生たち
理数セミナーの先生は、「合格」という目標に向けて一緒に歩いてくれる方々でした。
プロの視点や経験に基づき、一人一人の個性に合った勉強スタイルの向上を図ってくれました。
時には、人間として人生の先輩として精神面にアドバイスをしてくれましたし、
心身の成長も含めた合格へのプロセスを陰から支えてくれていたと思います。

本当に感謝してもしきれない存在であることは、間違いありません。
入試を分析・イメージして受験勉強に励もう
合格するためには、受験時までに苦手科目をしっかりと見定める必要があります。
また、得意科目の中の苦手分野が何かも把握しておいた方が良いです。

過去問演習では、
自分の予想得点と実際の点をできるだけすり合わせておくことが大切です。
そして、本番では、
解答用紙が配布されてから「始め!」の合図までの間に、
「この教科は○○点必要で、そのためにはどの問題を絶対とるべきか」
しっかりイメージしてから試験を開始することが大切です。

私は、自分の得意不得意などを把握してくれている先生の下で、
各教科の目標を具体的に数値化して勉強していきました。
行きたい学校に対してはとことん点数に対して貪欲になってください。
お世話になった先生へのメッセージ
中3からお世話になりました。
入塾当初の目標と違い、何度もくじけそうになり、
「本当に現役合格できるのか?」という不安な日々を過ごしてきました。

数学ではスランプの時期があり、どうすればいいのかわかりませんでした。
でもそんな中、親身になって励ましてくれた先生。
本当に感謝しています。
化学、生物を定着させてくれた藤田先生、熊澤先生。
英語を何とか伸ばそうとしてくれた木村先生、合田先生。
数学を何とか立て直そうと必死になってくれた山本先生、横井先生。
現文、小論、面接を支えてくれた高峰先生。
声をかけてくれた諸先生方。
そして、担任としてもずっと僕を支えてくれた山本先生。

本当にお世話になりました。
ありがとうございます。
list page page top