Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

i・RISU -あい・りす-第5回相談会開催しました!

卒業生の会

非常勤講師

玉井 順子

皆さんこんにちは!2007年度卒、日本医科大学1年の玉井順子です。
今回は、2009年1月5日に行われました、第5回相談会についてレポートしたいと思います。

■相談会のテーマは、「後輩への還元」
卒業生の会
相談会開始前の打合せ
池袋理数セミナーの冬期合宿最終日午前中に、第5回相談会が開催されました。相談会のテーマは、「後輩への還元」です。

生徒(後輩)の日頃の勉強や生活に対する不安や悩みを聞き、それに対してどう対処していくべきかの糸口を発見するために自分達の経験を参考に手助けし、また生徒が気になっている大学に入学した後の生活について話すことにより生徒のモチベーションを維持、向上させることがアドバイザー(卒業生)の役割です。

生徒1人に対し、アドバイザーは2人つきます。
そしてアドバイザーは、生徒自身がアドバイザーへの相談内容(学習方法や受験期の過ごし方、大学生活など)を書いた用紙を相談会前に受取り、その内容を参考にアドバイスを進めていきます。
■私も、同じことで悩んでいた時があった。
卒業生の会
相談会の様子
今回の相談会に参加した生徒は、09年度に受験を迎える現高2生が中心でした。

「英単語が覚えられない」などという勉強面での質問から、「自分が医学部を目指している理由が明確でない」といった質問まで、質問内容は様々でした。質問の中には、私が以前悩んでいたことも多々含まれていました。

例えば、ある生徒が「化学で有機の範囲をやっている間に無機の範囲で覚えたことを忘れてしまう。どうすればよいか。」と質問してきました。実際、私も生徒時代に化学の暗記に苦労し、先生に相談したこともありました。

その質問対して、私は自分の経験を元に、「私も、同じことで悩んでいた時があった。私の場合は、有機の範囲をやっている時も無機の範囲で覚えたことを忘れないように、藤田先生に毎回初めに無機プリントをやって提出したらどうかとアドバイスしてもらって、それを続けていたら抜けが少なくなったよ。無機プリントは、結構まとまっているから、毎回1枚ずつとかでもいいからやるといいと思うよ。」とアドバイスすることができました。
■聞いている生徒の目が輝いていて、モチベーションの向上にも
卒業生の会
振り返りシート提出の時にも生徒とアドバイザーは言葉を交わし、相談内容を確認します。
相談会終了後に生徒が書いた振り返りシート(相談内容を生徒が自分で振り返り、その後に生かすためにまとめるシート)を読んでいると、自分のアドバイスを参考にしようとしてくれているのが見受けられたりしてとても嬉しく感じました。

また、大学に入学した後の生活(勉強や部活動など)についての質問に対して答えている時、聞いている生徒の目が輝いていて、モチベーションの向上にも繋がったようでした。
■自分の経験が少しでも後輩のために
卒業生の会
相談会という場で、今までの自分の経験が少しでも後輩のために生きてよかったと思いました。また、生徒にとっても、相談会で目指している学部の先輩に悩みを聞いてもらえたり、大学の話を生で聞けるというのは、あまりできないことなので、モチベーションの向上に繋がったのではないかと思います。

次回も、このめったにない機会をより多くの生徒が活用してくれればと思います!
卒業生の会 関連リンク
list page page top