Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

医療面接講座を実施しました

実践の様子(講師:患者役 生徒:医師役)
こんにちは!サポートルームの吉川薫です!
まだまだ暑いですがお盆も過ぎ、夏の終わりが近づいていますね。

池袋理数セミナーでもお盆休み期間が明け、夏期講習の後半が開始しました!!
そんな中、「卒業生の会」による、医療面接講座を実施しましたのでその様子をお伝えします。
医療面接とはいわゆる「問診」のことで、医師が患者に出会ったときにまず初めに行われるものです。この医療面接の質によっては患者の命を左右することもある重要なものです。

この講座では医療面接について生徒が学び、医師の仕事とはどのようなものかを具体的にイメージできる内容になっています。生徒にとっては、医師になるためには何が大切か、自分の目指すべき医師像とは何かを考えることができる貴重な機会となります。

講座の内容は基礎知識を学ぶ座学だけでなく、講師が患者役、生徒が医師役となり実践も行います。医師役となった生徒は白衣を着て、緊張しながらも自分が医師になった時を想像しながら、目の前の患者さんと真剣に向き合っていました。

今回は第4回目となりますが、企画から講座の実施、講座の講師まで、卒業生が「生徒のために」と熱心に行ってくれていました。医学部専門塾だからこそできる質の高い講座となりました。

卒業生とともに今後も池袋理数セミナーは志の高い生徒の志望校合格を全力でサポートしていきたいと思います!\(^o^)/


list page page top