Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

新年度に向けた保護者会のご報告

こんにちは(*^^*)サポートルームの緒賀です。

2月も後半になりましたがまだまだ寒い日が続きますね。
皆さまもお体にはお気を付け下さい。

さて、今回は先日2月1日(日)に実施しました保護者会の様子についてお伝えしたいと思います。




今回の保護者会では大学入試センター試験、保護者会当日時点での2015年度医学部入試の結果報告をさせて頂きました。

志望校に合格するためには基礎力を徹底的に定着させ、本番で"確実に解ける問題"や"解くべき問題"を見極めて最後まで解き切る力が必要です。このような力の必要性について英語科・数学科から今年度の入試問題や実際の生徒の解答を用いて、生徒たちが本番で問題をどのように解いているのかを説明しました。
また、池袋理数セミナーでは高2・高1生のうちから医学部入試特有の二次試験(小論文や面接)対策を実施しています。常識力を養い、正しく読解し、面接練習を通して論理的に説明する力をつけることが合格への一歩となります。そのためには、日頃から周囲の時事問題に興味・関心を持つことが大切であるという話しをしました。

参加された方々の感想を一部ご紹介します。

・学年が変わるごとに親も先生方のお話、説明の受け取り方も変わってくるものだと感じました。受験生の親としてしっかり現実と子に向き合い、進んで参りたいと思います。(新高3男子・母)

・小論文や面接対策として家庭でも時事問題を話し合うよう、保護者も常に勉強しなくてはならないと思います。(新高3男子・母)

・毎回そうですが、自分の子供を客観的に見直すきっかけとなり、ありがたいです。(新高3女子・父)

・ニュースを話題にする、常識に関心を持たせる事を日常的に実践していこうと思います。(新高3男子・母)

・医学部の現役生が占める率を見せて頂いて覚悟を決めて受験を考えていかないとダメだと考えさせられました。(新高1女子・母)

次回の保護者会は5月5日(火)春期合宿最終日に開催予定です。
ご参加をお待ちしております。

もうすぐ新学年が始まりますね。
池袋理数セミナーでは第一志望大学合格に向けて計画的に学習に取り組めるよう、今後も講師・職員一同全力でサポートして参ります!!
2015年度入試結果について報告をする木村先生
小論文・面接の指導方針について説明をする高峰先生

list page page top