Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

高1・高2生向けの保護者会のご報告

こんにちは!!サポートルームの緒賀です。

さて、今回は先日11月23日(日)に実施しました低学年向け保護者会とカレントペアレンツ養成講座の様子についてお伝えしたいと思います。

⦿保護者会
今回の保護者会では、難化し続ける医学部入試への事前準備の必要性を学習や心構えなど様々な視点から話をしました。また、低学年のうちから基礎を徹底して準備することの大切さについても英語科・数学科の講師から実際の入試問題など実例を挙げ紹介しました。


参加された方々の感想を一部ご紹介します。

・高2の保護者が何をすべきかが分かった気がします。(高2女子・母)

・親の心得をとても分かりやすい形でお話頂き有難く思いました。
 唯一無二の我が子の資質をよく分析し力をつけていただけそうでとても貴塾への信頼や期待が深まりました。(高2女子・母)

・子供自身で決断し、行動させること。改めて肝に命じたいと思います。(高1男子・母)

・親の関わり方が勉強になりました。(高2女子・母)

・定期的にこのような説明会を開いて下さるととても安心感があります。(中3男子・父)

高校生や中学生は学校の学習や部活と医学部受験に向けての勉強のバランスがなかなか難しいかと思います。
学習の進度や部活動など、学校の状況は生徒によって様々です。
池袋理数セミナーではそのようなことも把握し、生徒一人ひとりと向き合って戦略を立てていきます。


⦿カレントぺアレンツ養成講座
今回も池袋理数セミナーの保護者会後、コミュニケーションのプロ講師である宮地理津子先生による医学部受験における親子のコミュニケーション講座が開かれました。

宮地先生は現在、日本医科大学や杏林大学などの医学部生に対して、医療コミュニケーションの講師もされています。また、池袋理数セミナー卒業生の保護者様でもあります。
今回の講座テーマは、
子供の能力を最大限に引き出すコミュニケーション:やる気を引き出す「質問の仕方」についてでした。

テーマに沿った内容はもちろんのこと、宮地先生が受験生の保護者だった際の体験談や保護者様同士でのロールプレイングなど盛りだくさんの内容でした!!

参加された方々の感想を一部ご紹介いたします。

・初めて参加させて頂きまして、自分自身の考えや行動が悪い例と良い例の両方当てはまり、子供にも悪いことをしたな。と思いました。自分ができることでサポートをしていきたいと思います。(高1女子・母)

・毎回学ぶことが多く、繰り返し同じことでも学ぶことが大切だと感じました。(高1男子・母)

・質問の内容によってはマイナスに働いてしまうことがある。実戦のトレーニングによって、よく理解できました。(高3男子・母)

・日々変化、成長する子供に対し親のブレない適切な対応の必要性を実感致しました。良かれと思っている事も、実は親としての自分本位の価値観や信念の押し付けになっているかもしれないという事をいつも頭の隅に置いていきたいと思いました。(高2男子・母)


私自身も今回の講座を聞いて周囲とのコミュニケーションにおける質問の仕方について学ぶことができました。今後の仕事に生かしていきたいと思います!

次回のカレントペアレンツ養成講座は2015年2月1日(日)を予定しております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

寒い日が続きますが、皆様も風邪やインフルエンザなどお体には気を付けて下さいね。
中島先生は親御さんの心構えについてお伝えしました。
横井先生は数学科の方針を話しました。
カレントペアレンツ養成講座の様子です!

list page page top