Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

「第4回 『卒業生の会』 レポート」

2003年度卒業 日本大学歯学部

馬場 暁子

 皆さんこんにちは!卒業生の会事務局の馬場暁子です。
4月も後半に入り新しい環境で、勉強や部活、アルバイトなど忙しく活動されていることと思います。

 さて、卒業生の会も設立からもうすぐ丸2年が経ち、卒業生が集う会のみならず理念の一つである“還元”をテーマとした活動も徐々に増やすことができています。
今年の1月3日には現理数生を対象とした“相談会”と、卒業生が集う“卒業生の会”を行いました。その様子を少しではありますが、紹介したいと思います。

自分の体験も貴重な参考書!? ~ 高2・高3・高卒生対象相談会 ~
卒業生の会
【相談会とは】
普段から卒業生と現理数生との交流は多いのですが、「時間や環境を整えた上できちんと個別で相談にのってあげられないか」と考え実現したのがこの相談会です。この相談会のアドバイザーは、生徒の志望大学(学部)に進学している卒業生、または生徒が相談相手として希望する卒業生です。

【アドバイザーとしてできることって?】
私は、「理数生を応援したい!」という思いの反面、「きちんと答える事ができるのか?」、また「本当に役に立てるのだろうか?」と不安な思いもありました。
しかし、いざ始めてみると勉強方法だけでなく、精神的な不安や悩み、体調管理法など様々な相談があり、それはまた自分が経験してきたことも多かったのです。
私達卒業生が同じ様に悩み、それに対して真剣に立ち向かってきた体験を話すことがアドバイスとなり、あるいはその悩みを共有することだけでも相談者の不安や悩みを解決する事に役立つのだと実感しました。

【今後の抱負】
卒業生のリアルな体験談は、参考書には載っていません。
しかし受験を控えるすべての生徒にとって必要な一冊となりうるものなのではないでしょうか。
また、そうなれるように私達卒業生も自己を磨き、より良い相談会を行えるよう努力をしていきたいと思います。
卒業生全員が主役! ~ 卒業生の会 ~
【自己紹介】
今回で4回目となる卒業生の会では、卒業生全員が自己紹介をしました。
今年の目標、最近の出来事や学校での様子、現理数生に対するメッセージなど皆さんとてもユニークかつ熱意あふれる内容で、今回もまた私自身とても良い刺激を受けました。

【相談会の報告】
同日に行ったという事もあり吉田一万さん(『卒業生の会』事務局代表)を筆頭に、相談会にアドバイザーとして参加した卒業生による内容の報告やこの相談会に懸ける熱い思いが、会に参加した卒業生や他の先生方に伝わったのではないかと思います。
第5回卒業生の会を開催します!
 卒業生の会の活動が徐々に浸透し、今年度の卒業生も多く会への登録がありました。
次回は新しいメンバーも加わりさらに年度の広がりがある会になると思います。
志のある卒業生一人一人の力によって成り立っている会ですので皆さんの参加をお待ちしております。
2007年1月3日開催 『第4回卒業生の会』 応援メッセージ
年始に実施した第4回 『卒業生の会(OB・OGの同窓会)』 に参加した卒業生達から、受験生の皆さんに応援メッセージが届きました!!

・とにかく先生達に自分の自己分析を研究してもらうことが大事です。そのために先生達とコミュニケーションを大事にすることが大切です。友達と向上心を持って普段の勉強に励んでください。
迷ったら、困ったら先生方に相談して下さい。必ずいい答えが返ってくるよ!!
(03年度卒・昭和薬科大学・高崎康)

・過去問で点が取れなくてもくよくよするのではなく、何がいけなかったのかどこをどうしたら次に生かせるのかということに注力すべし。くよくよするだけの時間はもったいない!なにかつまづくことがあれば、近くの先生にすぐ相談するなど、先生とのコミュニケーションを大切にしていくといいと思います。
(某会社勤務・東京理科大学卒・瀬沼健介)

・今やっていることはムダなことなんじゃないかとか、不安になることも多いと思いますが、私が理数セミナーで学んだことは「人生ムダなことなどない」。今した努力は絶対後になってかえってくるし、今やるべきこと、できることを最大限に努力することが大事だと思います。
(03年度卒・北海道大学・医・木平英里)

・受験勉強は悩みが多い。しかし、悩みが多いのは皆、同じだから気にすることはないと思う。悩むことはしょうがないから、出来ない事はあきらめて、自分の出来ることをするのが最も大事。理数セミナーの先生は質問すれば必ず答えてくれるから、どんどん思っている事を話そう。
(05年度卒・埼玉医科大学・宇治亮介)
卒業生の会 関連リンク
list page page top