Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

私の課題は分かった“つもり”。課題・弱点と向き合うことが合格への道。

東邦大学(医)進学 森つばささんの合格体験記
入塾前の課題は、分かった“つもり”そして現状から目を背けていたこと
池袋理数セミナーに入塾する前は、所謂大手予備校の講義授業を受けており、
定期的にその授業の予習復習をする習慣が全くありませんでした。
学校の勉強もテスト前になり慌てて与えられた範囲のみ手を付け、
日々自主学習をするといったことを怠っていました。
抱えていた課題としては、分かった“つもり”になってしまう点と、
“できない自分”から目を背けていた点が挙げられます。
今思うと、理数セミナーに入塾する前の私は、
学力的にも精神的にも医学部に達するレベルではありませんでした。
“こういう人達になりたい”高め合える仲間が入塾の決め手
私と理数セミナーとの出会いは、
母親が私のいい加減な勉強姿勢を叩き直すべく入塾させたのがきっかけです。
私自身の入塾を決意したきっかけは、量でも質でも自分より
圧倒的に多く勉強している何人もの医学部志望の生徒を目の当たりにしたことです。
その時、私は“こんなに勉強している人たちに勝てる訳ない”と思うと同時に、
“こういう人達みたいになりたい”と感じました。
すぐ近くに高め合える仲間がいるという環境が、
理数セミナーの特色の一つであり、私自身とても刺激を受けました。
先生、先輩、良きライバル。この環境が合格の原動力
理数セミナーの先生方は、私に自分の“分かった”の水準の低さを気付かせ、
そしてそれを上げるためにはどんな行動をとればよいのかを一緒になって考えてくださいました。
前述の私の二点の課題とも、全力で向き合えた気がします。
またある時は、私自身の弱点と強みを包み隠さずに伝えてくださりもしました。
そういった先生方の存在は、何かと不安が付き纏う受験勉強の心強い支えであったと思います。
理数セミナーは、自分のすぐ近くに同じ医学部志望のライバルもいれば、
自分の問題点をはっきりと突きつけてくださり、
生徒の“分からない”にとことん付き合ってくださる先生がいます。
他にも、受験の先輩として頼れる理数セミナーの卒業生の方や、
いつも明るく私たちをサポートしてくださるスタッフの方がいます。
このような環境が、私にとって勉強すること、また合格することの原動力になったと思います。
これから受験する人たちへ、後輩たちへのアドバイス
受験勉強をしていると、模試の成績や志望校、勉強の進度などで何度も
不安になったりするかと思います。
でもそんな時はためらわずに仲間や先生、卒業生の先輩などに打ち明けてみてください。
実際、私はそうすることで悩みを言語化でき、自分でも解決策が考えられました。

これは私見でしかないのですが、
医学部受験において学力以外で大事なものは、医師になりたいというブレない気持ちだと思います。
何故なら勉強で思い悩んでも、この気持ちがあればそこで立ち止まらずに前へ進めるからです。
自分が何のために勉強しているのか、時には自問自答してみてください。
そうすると“やはり、やらなけれないけないんだ”と良い意味で諦めがつきます。
また私が理数セミナーに来て思ったことの中で、合格する人は、皆譲れないものや拘りがあり、
そのキャラクターを先生も自分でも認めている人だということがあります。
これだけは譲れないと思う教科や分野、性格などを確立すると、
自分でもそれを強みにできると思います。
そして適度に食事と睡眠は保ち、最大限に理数セミナーの環境を活かして
受験勉強に没頭してください。そこで私も力になれたらうれしいです。
お世話になった先生へのメッセージ
二年間通わせて頂きましたが、本当に沢山のことを学びました。
果たして本当に自分が理数セミナーの理念である“人間的成長”ができたか分かりませんが、
入塾した当初の自分と今の自分とでは大きく違っていると思います。
そう思えるのも先生方のご指導やお言葉があってのことです。
また、合格を報告した際、先生と交わした握手がとても暖かく、
その時の嬉しさは一生忘れられません。
この池袋理数セミナーには感謝の気持ちで一杯です。今まで本当に有難うございました。
list page page top