Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

2012冬期合宿【同窓会】

冬期合宿最終日の1月4日(金)に
卒業生の会主催の第16回同窓会が行われました。
年始で忙しい中、多くの卒業生が参加してくださいました。
【さらなる飛躍を目指して・・・・・・】
今回の同窓会テーマは「飛躍」

年に2回の同窓会、この機会で久しぶりに出会う卒業生も多いです。
卒業生のみなさんがどのように「飛躍」すなわち「成長」してきたのか、
先生方に同窓会という機会で伝えて欲しい。
そして、周りの卒業生の「飛躍」した姿を見て、
更なる「飛躍」にむけて目標をもって、新しい一年を迎えよう。
このような気持ちでこのテーマを設定しました。

さて、司会のながたにさんによる
乾杯の音頭で幕を開けた第16回同窓会!

新年の挨拶も交えながら、様々な卒業生、先生方とお話をしました。また、今回から新しい事務局メンバーも加わり、恒例(!?)の事務局のダンスも披露させていただきました。
同窓会最後にアンコールがかかったときには驚きましたが、ご好評いただけたならなによりです。
今回同窓会では3つの企画を行いました。
・卒業生成長報告
・卒業生の会活動報告
・卒業生・先生方交えてのゲーム企画
【卒業してからの姿、魅せます~卒業生成長報告~】
卒業生3名に、理数セミナーを卒業して、大学、
そして私生活でどんな人物と出会い、
どんな出来事を経て、どんな風に成長してきたのか。
さらに今後どうしていきたいか、テーマ『飛躍』と掛けながら、
数分間お話をしていただきました。
1人目・トップバッターは、
2011年卒業生 麻布大学獣医学部2年笹井麻帆さん。
2年生になって始まった、獣医学部での実習の様子について、
笹井さんが牛と触れ合っているところや、実際の牛の組織、解剖の写真などをもとに、時折焼肉でいう部位の話(!)も混ぜながら楽しく話してくださいました。興味深い牛のお話をたくさん聞くことができ、新鮮でした。また、学園祭実行委員での充実の私生活の一面についてもお聞きしました。

■発表後の一言
「こうして先生方の前で成長報告ができることは、
本当に今が充実している証だと思います。
ゆくゆくは更にビッグな報告ができるようになりたいと思います。」

2人目は2011年卒業生 
上智大学文学部フランス文学科・2年松野貴則さん。

大学に入ってはじめたという演劇のエピソードについて、持ち前の面白いトークでお話ししていただきました。年齢も考え方もそれぞれ様々な周囲の演劇の先輩方からいろんな影響を受けているそうです。また、思い出の一曲「オールドルーキー(野狐禅)」を、その曲との出会い、アーティストの解散における潔い姿への感銘とともに紹介してくださいました。実は、そのアーティストの方と共演したこともあるそうです!

■発表後の一言 「殻を破れ!」

最後は2008年卒業生
東京女子医科大学医学部・5年矢嶋知佳さん。

医学部5年生の矢嶋さんには、病棟実習について貴重な実体験を通してお話ししていただきました。実習では、実際に担当医になったつもりで、ある患者さんについてどのような治療を進めていくか考えながら記録をとって行き、それを医師の先生に確認していただくそう。この記録用紙がなんと、池袋理数セミナーで生徒が日々の記録・分析に使用しているGmap-cと同じ構造をしているのだとか。受験時代の試みが医学部5年生になってからも役立つのだということを示してくださいました。当日会場へ来てくださった卒業生の方々にはまだ1、2年の医学部生も多く、大変参考になったことと思います。

■発表後の一言
「今回このような貴重な機会をいただき、ありがとうございます。
報告するにあたり、私自身これまでの事を振り返る良いきっかけとなりました。
また、お世話になった先生方に少しでも自分の成長した姿を見せられたら幸いです。
良医と成るべく、今後も精進していきます。」


みなさんの成長がお世話になった先生方に伝わったことと思います。
ご協力くださったお三方ありがとうございました。
【将来の医学部生の飛躍へつなげて~卒業生の会活動報告~】
昨年3月に開校した医療面接講座の第2回目(2012年9月実施)
の様子を事務局の平井遥が報告しました。
今回は、前回に引き続き発案者である研修医1年目の鈴木麻希子さんと今回初めて講師を務める埼玉医科大学2年の角田里美さんのお二人に講師をしていただきました。
さらに今回は、新たな試みとして卒業生にも実際に見学をしていただきました!
医学部を目指す現役生の医師へのモチベーションアップや、医者が患者に与える影響の自覚から、コミュニケーション能力の重要さに気づくことを目標として行いましたが、実際生徒もそのように感じてくれたようです。
また、今回講師を務めた卒業生の角田里美さんも、「理数セミナーへの還元に貢献でき、さらに自身にとっても2年後に控えるOSCEに向けていい経験になった」と語っていました。
鈴木麻希子さん、角田里美さん、ありがとうございました。

なお、「医療面接講座」については過去に詳しい記事がございます。
そちらもあわせてご覧ください。

今後とも、卒業生の皆さんからの企画をお待ちしています!
理数セミナー・生徒への還元と卒業生の主体性・向上心につながる企画を
一緒に作り上げていきましょう。

卒業生の会事務局へお気軽にお声掛けください。
皆さんと卒業生の会を発展させていきましょう。
【卒業後だからこそ、楽しんで。~絵ごころゲーム企画~】
卒業生・先生方交えてのミニゲーム、絵ごころゲーム。

簡単に言うと、先生方にお題を出し、45秒でその絵を書いていただき、それを同じチームの先生・卒業生らで当てる絵当てクイズです。

普段はなかなか見ることのできない先生方の絵を
見ることのできる貴重な機会となりました!



今回は絵を描く役を先生方として、書いた絵を卒業生たちに当ててもらいました。お題は「くまモン」「アインシュタイン」「チョッパー」の3つ。
中にはくまモンを見たことがないのに、見事に伝えきり、当てた先生もいたり、すごくかわいいチョッパーを書いた先生もいました。写真にあげたように様々な画伯が発見されたのはこの企画の大きなポイントでした!
様々な方面へ向かう卒業生たちと先生方との交流の場として、
これまでの飛躍や報告を聞いてまた新たな飛躍へ向けて新年、
新たな目標を見つけてもらえていたら、事務局としては嬉しい限りです。
新年でお忙しい中、参加してくださった卒業生の方々、
ありがとうございました。
事務局一同心より御礼申し上げます。
今回来てくださった方も、
残念ながら今回は来ることが叶わなかった方も、
春の同窓会へ足を運んでくだされば幸いです。
更に飛躍した姿で春の同窓会でお会いしましょう!
【同窓会レポート・卒業生の会事務局:亀田真由】
関連リンク
list page page top